ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 気になる「なそう」と「なさそう」(その2) | トップページ | 気になる「香ばし」と「芳し」 »

2013年9月23日 (月)

中山マコト先生による小田順子論!?

久しぶりに「である体」で書いてみる(笑)

中山マコト先生の「フリーランス4部作」※の最新刊「フリーで働く前に! 読む本」(日本経済新聞出版社)を読んだ。
※Gは「フリーで働く3部作」最新刊と言っているが。

この本の中で書かれている文章改善コンサルタント・小田順子についてまとめてみたい。書籍の中で使われている敬称は、同僚につき省略する。


彼女について書かれている章(chapter)は、以下の2つである。

【3】自在力を養うために、サラリーマンの常識を捨ててみる!
【4】プロフェッショナルフリーランスに学ぶ「7つの自在力」


【3】の「社外でも評価される〝技〟を身につける」には、次のように書かれている。
------------------------------
・彼女は文章術、メール術、クレーム対応術などの本を何冊か書いていますが、代表作はやはり、『言いたいことが確実に伝わる メールの書き方』(明日香出版社)でしょう

・役所時代、とにかく彼女は〝正確に伝えること〟に主眼を置いて仕事をしました

・どうすれば、役所の仕事(略)を理解してもらえるか?どうずれば、役所という機能をもっと活用してもらえるか?
それだけを考え続け、実践し続けることで、結果、〝伝えることのプロフェッショナル〟になっていったのです

・彼女が磨いたスキルは、後日、本として世に出、正確に自らを伝えるためのバイブルとして、役所のみでなく一般企業や個人にまで読まれています
------------------------------


【4】の「自在力7 情報力」…「書いて伝える力がある」では、以下のように描かれている。
------------------------------
・誤解を受けない、精確な文章にこだわり続けているのが、小田順子です

・彼女が書いた、『言いたいことが確実に伝わる メールの書き方』という本は、まさにそうした〝要注意ミス〟に警鐘を鳴らす本です

・小田は、そうした危機回避の方法を、区役所時代から今にいたるまで、ずっと研究し続けています※

・小田の本は、メール術というテーマですが、これは言葉にからむ、あらゆる場面に活かせる内容です
------------------------------
※〔補足〕小田は今も、大学院博士後期課程で研究を続けている。

しかし、よくここまで小田順子を分析したものだと驚かせれる。

なお、中山先生が書かれた「胆(きも)」となる文章は割愛させていただく。ぜひ、お買い求めの上お読みいただきたい。


つづく


↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 気になる「なそう」と「なさそう」(その2) | トップページ | 気になる「香ばし」と「芳し」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「独立・開業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる「なそう」と「なさそう」(その2) | トップページ | 気になる「香ばし」と「芳し」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

ブログランキング投票