ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 気になる「なそう」と「なさそう」(その1) | トップページ | 中山マコト先生による小田順子論!? »

2013年9月18日 (水)

気になる「なそう」と「なさそう」(その2)

きょうも「なそう」と「なさそう」の使い分けについて解説します。

前回、「『な』(『ない』の語幹)と『そう』(『そうだ』の語幹)の間に『さ』を入れるか入れないかは、『ない』が【1】助動詞なのか【2】形容詞(補助形容詞)なのかで判断します」と書きました。

文法上のルールは以下のとおりでしたよね。
------------------------------
【1】「ない」が助動詞の場合…「さ」を入れない

【2】「ない」が形容詞(補助形容詞)の場合…「さ」を入れる
------------------------------


そのためには「ない」が助動詞なのか形容詞(補助形容詞)なのか判別する必要があります。

一般的な判別法は次のとおりです。

■「ない」の判別法(その1)
------------------------------
【1】助動詞:「ない」を「ぬ」に置き換えられる。
<例> 私は行かない。→ 私は行かぬ。
【2】形容詞:「存在の否定」の意味
<例> お金がない。
【3】補助形容詞:直前に「は」が入る
<例> 悲しくない。→ 悲しくはない。
------------------------------

でも、これでは判別できないケースもあります。

例えば「人はいない」。

この「ない」は助動詞です。
でも、「ない」を「ぬ」に置き換え「人はいぬ」にすると変ですよね(笑)


そこで、「ない」が自立語(形容詞)なのか付属語(助動詞)なのか、文節に区切って判断します。

「ネ」を入れて読んでみて、自然に区切れるところが「文節」でしたよね。
「人はいない」に「ネ」を入れて読んでみると、「人は(ネ)/いない(ネ)」になります(ネ)。

この「ない」は、文節の最初に来ていないので付属語(助動詞)だと分かります。

確実なのは、以下の方法です。

■「ない」の判別法(その2)
------------------------------
【1】文節に区切ったとき文節の最初に来る「ない」は形容詞(自立語)
<例> 「お金が/ない」
【2】文節に区切ったとき文節の最初に来ない「ない」は助動詞(付属語)
<例> 「私は/行かない」
【3】直前に「は」が入れば補助形容詞
 悲しくない。→ 悲しくはない。
------------------------------

おまけ
「せつない」や「さりげない」はそれだけで一つの形容詞。「ない」は形容詞の一部でしかありません。

【参考】
『的確につかむ文法の学習』(浜島書店)
『中学国語のツボ』http://www.geocities.jp/nm3032nakatsu/index.html


【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

つづく


↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 気になる「なそう」と「なさそう」(その1) | トップページ | 中山マコト先生による小田順子論!? »

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる「なそう」と「なさそう」(その1) | トップページ | 中山マコト先生による小田順子論!? »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票