ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 気になる「信憑書類」 | トップページ | 気になる「行政区画」と「行政区」 »

2013年4月19日 (金)

西を向いた時、北にあたる方が「右」

これは、映画「舟を編む」の主人公・馬締光也(松田龍平)が、ベテラン編集者に「『右』という言葉を説明できるかい?」と聞かれて答えたもの。

いくつかの辞書で同じような説明を見たことがあるG、早速調べてみました。

■広辞苑…南を向いた時、西にあたる方

■大辞泉…東に向いたとき南にあたる方

■大辞林…北に向いていれば、東にあたる側

どの辞書も馬締(まじめ)君と同じ(ような)説明でした。
子どもの頃、「(論理的だけど)なんて分かりにくい説明なんだろう」と思ったことを思い出しました(笑)

間違いではないのでしょうが、大辞泉の「東に」と大辞林の「北に」の、助詞「に」の使い方が気になります。
広辞苑の「南を」と馬締君の「西を」のように、「を」を使った方が良いとGは思うのですが…

さすが「新明解国語辞典」。他の国語辞典とは違います(笑)

■新明解…アナログ時計の文字盤に向かった時に、1時から5時までの表示のある側〔「明」という漢字の「月」が書かれている側と一致〕

ですもん。


【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

つづく


↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 気になる「信憑書類」 | トップページ | 気になる「行政区画」と「行政区」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる「信憑書類」 | トップページ | 気になる「行政区画」と「行政区」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票