ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 久しぶりに紀伊國屋書店へ | トップページ | 気になる「及び」と「並びに」 »

2012年6月19日 (火)

保安院の「誠に遺憾」は謝罪ではありません!

 以下、朝日新聞の記事を基に書かせていただきます。

 昨年3月17~19日に、米エネルギー省が米軍機を使って行った放射線測定(モニタリング)に基づく「汚染地図」を日本政府に提供したのに、これを公表せず住民の避難に生かされなかった問題。

 きのう(18日)記者会見した、経済産業省原子力安全・保安院の首席統括安全審査官が語った「住民避難に生かさなかったことは誠に遺憾で、反省している」。
 「遺憾」とは、「期待したようにならず、心残りであること。残念に思うこと。また、そのさま」(デジタル大辞泉)。これは謝罪の言葉ではありません。朝日新聞は、談話に続けて「と謝罪した」と書いていましたが(笑)。

 「遺憾」をよく使う官僚や大臣のみなさん、少しは「誰も教えてくれなかった公務員の文章・メール術」(小田順子編著・学陽書房)を読んで勉強しなさいよ!

 データが届いたのは、保安院・緊急時対応センターの主に文部科学省職員で構成される「放射線班」。住民避難を担う「住民安全班」には伝わらず、共有もされなかったとのこと。
 放射線測定を担う文科省にもデータが届いていたが、科学技術・学術政策局次長は「必要なら保安院が公表すると思っていた。文科省の不手際はなかった」と説明。さすが緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)の試算結果の公表が遅れて問題になった文科省。開いた口がふさがりません。

 「汚染地図」によれば、福島県の浪江町や飯舘村などを含む福島第一から北西方向30キロ超にわたり、1時間当たり125マイクロシーベルト超の高い線量の地域が帯状に広がっていることが判明。これは8時間で年間被曝(ひばく)線量の限度を超える数値です。
 このデータが速やかに公表されていればと思うと、悔しくてなりません。

 この責任、誰がどうとるのでしょう。


【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 久しぶりに紀伊國屋書店へ | トップページ | 気になる「及び」と「並びに」 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに紀伊國屋書店へ | トップページ | 気になる「及び」と「並びに」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票