ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 気になる「喧喧諤諤(けんけんがくがく)」 | トップページ | 気になる「名前のローマ字表記」 »

2012年5月13日 (日)

気になる「作者」と「著者」と「筆者」

 【気になる言葉】シリーズ第52回。

 書物や文章などを書いた人を意味する「作者」と「著者」と「筆者」。
 どう使い分けるのか「類語例解辞典」で調べてみました。

------------------------------
【1】「作者」は、創作的内容の書物や、脚本などを書いた人をいう。また、彫刻や絵画などの芸術作品についてもいう。
【2】「著者」は、ノンフィクション、学術書、案内書などを書いた人。
【3】「筆者」は、ある内容の文章を書いた人。新聞、雑誌などの、事実の報告でなく、ある主張をもつ部分などを書いている人などにいう。
------------------------------

 平たくいうと、「小説」を書いた人は「作者」、「ビジネス本」を書いた人は「著者」、「論文」や「コラム」を書いた人が「筆者」というわけです。


 ビジネス本を1冊出版しただけで、自分のことを「作家」とおっしゃる方がいます。
 「作家」とは「芸術作品の制作をする人。また、それを職業とする人。特に、小説家」のこと(デジタル大辞泉)。
 小説を書いたわけでも、それを職業としているわけでもないので、「作家」とは名乗らない方がいいと思いますよ(笑)


 5月26日に発売される『フリーで働く!と決めたら読む本』の「著者」である中山マコト先生は、ブログ「中山マコトのバカ売れ“言葉塾”」の記事の中で、「僕はこの本を書くために、著者になったのだと思う」と書かれています。

 中山マコト先生は、自分のことを「しがない物書き」とおっしゃることはあっても、「作家」と名乗ることはありませんよ。


■作者
【解説】
・ 作品を作った人。特に、芸術作品の作り手。「物語の―」「焼き物の―」「―不詳」(デジタル大辞泉)
・芸術作品の作り手(広辞苑)

■著者
【解説】
・書物を書き著した人。著作者(デジタル大辞泉)
・書物を著作した人。著作者。著述家。作者(広辞苑)

■筆者
【解説】
・その文章や書画をかいた人(デジタル大辞泉)
・書画・文章をかいた人(広辞苑)

<追記>

 中山先生、ごめんなさい。
 先生に関する記述で「著者」と書くべきところを誤って「筆者」と書いておりました。
 ご指摘をいただき、文章を修正いたしました。
 

【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 気になる「喧喧諤諤(けんけんがくがく)」 | トップページ | 気になる「名前のローマ字表記」 »

コメント

韓国で翻訳されたと言うだけで、”国際的作家の仲間入り”とか言ってるあほったれもいますしね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる「喧喧諤諤(けんけんがくがく)」 | トップページ | 気になる「名前のローマ字表記」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票