ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 行政情報を分かりやすく伝える言葉遣いの工夫に関する意識調査結果(広報紙担当責任者編) | トップページ | 気になる「パーセント」と「ポイント」 »

2012年5月 8日 (火)

気になる「荒げる」と「荒らげる」

 【気になる言葉】シリーズ第49回。
 きょうは、久しぶりに間違いやすい言葉の解説です。

 「声を荒げる」と「声を荒らげる」。 正しいのはどっち?

 正解は「声を荒らげる」です。

 でも【解説】にあるように、誤用である「声を荒げる」を使う人が8割もいるんですね。

 文語の「荒らぐ(あらら・ぐ)」が口語の「荒らげる(あらら・げる)」になったので、「ら」は2つです!


■荒げる(あら・げる)
【解説】
・「あららげる(荒らげる)」の誤用(デジタル大辞泉)
・アララゲルの約。「声を-・げる」(広辞苑)
■荒らげる(あらら・げる)
【解説】
・[文]あらら・ぐ。声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」
[補説]近年「声をあらげる」とすることもあるが、誤り。文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方である「声をあららげる」を使う人が11.4パーセント、間違った言い方「声をあらげる」を使う人が79.9パーセントという逆転した結果が出ている(デジタル大辞泉)
・荒くする。「声を-・げる」(広辞苑)


【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 行政情報を分かりやすく伝える言葉遣いの工夫に関する意識調査結果(広報紙担当責任者編) | トップページ | 気になる「パーセント」と「ポイント」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行政情報を分かりやすく伝える言葉遣いの工夫に関する意識調査結果(広報紙担当責任者編) | トップページ | 気になる「パーセント」と「ポイント」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票