ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 気になる「受験」と「受検」 | トップページ | 気になる「健診」と「検診」 »

2012年4月18日 (水)

気になる「意志」と「意思」

 【気になる言葉】シリーズ第29回。きょうは「意志」と「意思」の違いです。

 「意志」は成し遂げようとする心のこと(主に心理学用語)。
 「意志が強い(固い)」や「意志が薄弱」、「意志を貫く」のように使います。

 「意思」は持っている考えや思いのこと(主に法律用語)。
 「意思の疎通を欠く」や「意思表示」、「本人の意思を尊重」のように使います。

 詳しくは、以下の「国語辞典」と「法律用語辞典」の解説をご覧ください。

■意志
【解説】
<デジタル大辞泉>
1.あることを行いたい、または行いたくないという考え。意向。「参加する―がある」「こちらの―が通じる」
2.目的や計画を選択し、それを実現しようとする精神の働き。知識・感情に対立するものと考えられ、合わせて「知情意」という。「―を貫く」「―強固」
3.哲学で、個人あるいは集団の行動を意識的に決定する能力。広義には、欲望も含まれる。倫理学的には、道徳的判断の主体あるいは原因となるものをいい、衝動と対立する
[用法]意志
 「意志」は「意志を貫く」「意志の強い人」「意志薄弱」など、何かをしよう、したいという気持ちを表す場合に用いられる。哲学・心理学用語としては「意志」を用いることが多い。
◇「意志(意思)の疎通を欠く」「意志(意思)表示」などは、話し手の意識によって使い分けられることもある。
<有斐閣法律用語辞典>
 物事をしようとする又はしまいとする積極的な思い。「意思」が、心の中に思い浮かべている内容一般を指すのに対し、「意志」は、それが行動と結びつく積極性がある。主に哲学、倫理学、心理学で用いられ、法律用語としては一般に用いられない。

■意思
【解説】
<デジタル大辞泉>
1.何かをしようとするときの元となる心持ち。「本人の―に任せる」
2.法律用語。
①民法上、身体の動作の直接の原因となる心理作用や、ある事実に対する意欲をさす
②刑法上、自分の行為に対する認識をさし、時には犯意と同じ意味をもつ。「犯行の―」
[用法]意思
 「意思」は、「双方の意思を汲(く)む」「家族の意思を尊重する」など、思い・考えの意味に重点を置いた場合に用いられる。法律用語としては「意思」を用いることが多い。
◇「意志(意思)の疎通を欠く」「意志(意思)表示」などは、話し手の意識によって使い分けられることもある。
<有斐閣法律用語辞典>
1.民法上は、表示行為の直接の原因となる心理作用、すなわち、欲求ないし承認、特に権利義務の変動に向けられたものをいう
2.刑法上は、自分がしようとする行為に対する認識をいう。「犯意」※と同じ意味に用いる場合もある
※「犯意」とは罪を犯す意思のことで「故意」ともいい、犯罪の基本的要件の1つ(刑法38条)

【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 気になる「受験」と「受検」 | トップページ | 気になる「健診」と「検診」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

法律用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる「受験」と「受検」 | トップページ | 気になる「健診」と「検診」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票