ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 気になる「健診」と「検診」 | トップページ | 気になる「ア」で始まる外来語 »

2012年4月20日 (金)

気になる「火中の栗を拾う」

 【気になる言葉】シリーズ第31回。
 きょうは、Facebookに投稿のあった(Gのウォールにではありませんが^^;)「火中の栗を拾う」についてです。

------------------------------
朝ニュースを見ていたら、アナウンサーがとても気になる言葉の使い方をしていました。東電の新しい会長が決まったニュースに対するコメントで、「やっと火中の栗を拾う人が現れましたね。」って言ったんです。

「火中の栗を拾う」の意味は、敢えて危険なことをすること、だったと思います。しかも愚かな行動という意味合いが含まれていたような…。

このアナウンサーの使い方は正しいでしょうか?
------------------------------

 おっしゃるとおりです。
 「新会長は『火中の栗を拾うことになりますが』と話していました」と談話を紹介するならまだしも、アナウンサーのコメントとしては不適切ですね。
 「火中の栗を拾うようなものです」とコメントしたとしてもおかしいですけど。

「火中の栗を拾う」とは
【解説】
・《猿におだてられた猫が、いろりの中の栗を拾って大やけどをしたという、ラ‐フォンテーヌの寓話(ぐうわ)から》自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すたとえ(デジタル大辞泉)
・(ラ=フォンテーヌの寓話から)他人の利益のために危険をおかして、ばかなめにあうこと(広辞苑)

おまけ

 連日の徹夜が響き、夕方から爆睡。
 「連日の徹夜」といっても完徹(3日間一睡もしなかった)じゃありませんよ^^;

【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 気になる「健診」と「検診」 | トップページ | 気になる「ア」で始まる外来語 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる「健診」と「検診」 | トップページ | 気になる「ア」で始まる外来語 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票