ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 気になる「校閲」と「校正」 | トップページ | 気になる「告訴」と「告発」 »

2012年3月30日 (金)

気になる「被告人」と「被告」

 【気になる言葉】シリーズ第10回。

 市民にとってわかりにくい法律用語についても、国語辞典的な解説をしていこうと思っています。
 きょうは「被告人」と「被告」の違いです。

 平たくいうと、「被告人」は刑事事件で起訴された人、「被告」は民事事件・行政事件で訴えられた人のこと。
 ただし、報道機関はどちらも「被告」と表現しています。

■被告人
【解説】
・刑事訴訟で、犯罪の嫌疑が十分であるとして公訴を提起された者(デジタル大辞泉)

<参考>(デジタル大辞泉)
・公訴…刑事事件について、検察官が裁判所に起訴状を提出して裁判を求めること
・起訴…刑事訴訟で、検察官が裁判所に公訴を提起すること。正式な裁判を求める「公判請求」と書面審理による簡易な手続きを求める「略式命令請求(略式起訴)」がある。民事訴訟法では、訴えの提起をいう

■被告 
【解説】
・民事訴訟・行政事件訴訟において、訴えられたほうの当事者の第一審における呼び名。原告に対する相手方
[補説]第二審では控訴した側を「控訴人」、控訴された側を「被控訴人」という。第三審では上告した側を「上告人」、上告された側を「被上告人」という(デジタル大辞泉)

<参照>気になる「被疑者」と「容疑者」(別窓で開きます)

おまけ

 法律用語をわかりやすく国語辞典的に解説した本といえば、やはり有斐閣の「法律用語辞典」<第3版>です。
 ただし、値段が高い(税込み6,510円)こと、紛らわしい法律用語の違いがすぐにはわからないことが難点。

 というわけで、紛らわしい法律用語の違いについては、【気になる言葉】シリーズ<法律用語編>で解説しますね。

【気になる言葉】メニューページ(別窓で開きます)

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 気になる「校閲」と「校正」 | トップページ | 気になる「告訴」と「告発」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

法律用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる「校閲」と「校正」 | トップページ | 気になる「告訴」と「告発」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票