ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 第21回個人情報保護士認定試験解答速報(pdf) | トップページ | 企業年金180万人分(3000億円)が不明 »

2010年12月16日 (木)

法人実効税率の5%引き下げなるか?

 政府は、きょう(16日)の臨時閣議で、2011年度税制改正大綱を決定しました。

 目玉は約40%の法人実効税率の5%引き下げ(5800億円の減税)。一方、個人は4900億円の増税に。

 個人増税の主なものは以下のとおり。

1.給与所得控除…年収1500万円超は245万円で頭打ちに
2.成年扶養控除…年収568万円超は廃止・縮減
※扶養家族が学生・障がい者の場合は継続
3.相続税…基礎控除を3000万円+600万円×法定相続人数に引き下げ、最高税率を50%から55%に引き上げ
※従来の基礎控除は5000万円+1000万円×法定相続人数

 就職できずに留年した大学生は成年扶養控除の対象ですが、大学を卒業してフリーターをしながら就職活動を続ける子どもは対象外。
 10年度税制改正で子ども手当の半額支給(月1万3000円)の代わりに、15歳以下の「年少扶養控除」の廃止が決まっており(来年1月から実施)、家計を直撃することになることは間違いありません。

 しかし、予算案や税制改正関連法案は、野党が多数を占める参議院で否決されることは必至。
 衆議院の議決が優先する予算案と違い、法案は参議院で否決されると廃案(衆議院で3分の2以上の賛成で再可決できれば成立しますが無理でしょう)になるため、予算執行に支障がでる恐れも。


 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 第21回個人情報保護士認定試験解答速報(pdf) | トップページ | 企業年金180万人分(3000億円)が不明 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第21回個人情報保護士認定試験解答速報(pdf) | トップページ | 企業年金180万人分(3000億円)が不明 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票