ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 法人実効税率の5%引き下げなるか? | トップページ | 自治体のためのウェブサイト改善術 »

2010年12月28日 (火)

企業年金180万人分(3000億円)が不明

 今年3月末時点で持ち主がわからない企業年金資産が、約180万人分(約3000億円)あることがわかりました。
 転退職後の移管手続きや年金等の申請をしないことが主な理由で、手続きをしない限り受け取ることはできません。

 宙に浮いた企業年金の内訳は以下のとおり。

1.企業年金連合会
・対象者※1:144万人・資産額:1579億円
2.厚生年金基金
・対象者※2:14.3万人・資産額:1008億円
3.国民年金基金連合会
・対象者※3:21.7万人・資産額:456億円

※1転退職したため厚生年金基金の受給資格がない人
※2厚生年金基金の受給資格があるのに請求しない人
※3転退職時に確定拠出年金の移管手続きをしなかった人

 年金等の請求手続きは、原則としてご自分でしなければなりません。
 ところが、その手続きや仕組みを知らなかったり、請求書が届いても提出しなかったりする方が多いのだと思います。最も多いのは、転居先不明で請求書が届かないケースも多いのではないかかと思いますが。

 共通番号制度が導入され、年金が一元管理されるようになれば、こうした問題は起こらないはずです。しかし、それは将来的な話。

 心当たりのある方は、まず加入期間がわかる書類を捜しましょう。
 それから問い合わせをしてくださいね。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 法人実効税率の5%引き下げなるか? | トップページ | 自治体のためのウェブサイト改善術 »

「ニュース」カテゴリの記事

厚生年金保険」カテゴリの記事

国民年金」カテゴリの記事

確定拠出年金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 法人実効税率の5%引き下げなるか? | トップページ | 自治体のためのウェブサイト改善術 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票