ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 自治体のためのウェブサイト改善術 | トップページ | 「言いたいことが確実に伝わる メールの書き方」発売開始! »

2010年12月29日 (水)

東京都の産業別最低賃金、12月31日に引き上げ

 12月31日から、東京都内の6業種の特定(産業別)最低賃金のうち、5業種について8~9円引き上げられます。

 新しい東京都の特定(産業別)最低賃金(平成22年12月31日発効)は、以下のとおり。

1.鉄鋼業:846円(9円・1.08%)
2.はん用機械器具、生産用機械器具製造業:832円(8円・0.97%)
3.業務用機械器具、電気機械器具、情報通信機械器具、時計・同部分品、眼鏡製造業:829円(8円・0.97%)
4.自動車・同附属品製造業、船舶製造・修理業、舶用機関製造業、航空機・同附属品製造業:832円(8円・0.97%)
5.出版業:827円(8円・0.98%)
※( )内は引き上げ額・引き上げ率

 各種商品小売業については改正が見送られたため、昨年12月31日の改正額(792円)のままとなります。

 なお、都内の全労働者に適用される「地域別最低賃金」の東京都最低賃金は、10月24日に821円(30円・3.79%)に引き上げ済みです。

 東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県でみると、「地域別最低賃金」同様、「産業別最低賃金」の改正も東京都が最後になりました。

【参考】1都3県の最低賃金(改正月日)
※クリックすると各都県の最低賃金を見ることができます。

埼玉県の最低賃金
(地域別:10月16日・産業別:12月9日)

神奈川の最低賃金
(地域別:10月21日・産業別:12月20日)

千葉県の最低賃金
(地域別:10月24日・産業別:12月25日)

東京都の最低賃金
(地域別:10月24日・産業別:12月31日)

つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■給与計算代行は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士、税理士、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 自治体のためのウェブサイト改善術 | トップページ | 「言いたいことが確実に伝わる メールの書き方」発売開始! »

「ニュース」カテゴリの記事

給与計算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自治体のためのウェブサイト改善術 | トップページ | 「言いたいことが確実に伝わる メールの書き方」発売開始! »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票