ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

平成22年度健康保険料率(都道府県別)

 全国健康保険協会(協会けんぽ)※は、今年3月からの都道府県別健康保険料率を全国平均で9.34%(労使折半)とすることを決めました。

 最高は北海道の9.42%、最低は長野県の9.26%。2月上旬に厚生労働大臣が正式に認可する予定です。給与からの天引きは原則として4月から。

 都道府県別保険料率は以下のとおりです。

■都道府県別保険料率(%)
9.42:北海道
9.41:佐賀
9.40:香川、福岡
9.39:徳島
9.38:大阪、高地、大分、岡山
9.37:秋田、和歌山、広島、山口、長崎、熊本
9.36:兵庫、石川、鹿児島
9.35:青森、島根、奈良
9.34:宮城、福井、岐阜、三重、鳥取、愛媛、宮崎…全国平均
9.33:福島、神奈川、愛知、滋賀、京都、沖縄
9.32:岩手、栃木、東京
9.31:群馬、千葉、富山、山梨
9.30:山形、茨城、埼玉、静岡
9.29:新潟
9.26:長野

※全国健康保険協会(協会けんぽ)
 中小企業の役員や従業員とその家族約3,500万人が加入。

<参考>平成22年度の社会保険料・労働保険料改定情報

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2010年1月26日 (火)

改正労働基準法解説本

 きのう午後、中野ZERO(中野2)で開かれた社会保険労務士の倫理研修に行ってきました。

 5年に1度受講が義務付けられているこの研修、本来Gは昨年受講対象でした。でも仕事があって行けなかったため、今年受講することに。
 といっても、Gが開業したのは平成19年4月なので、受講義務違反になるわけではありません^^;

 会場では、労働調査会による書籍販売が行われていました。
 社労士必携本の「労働基準法解釈総覧」最新版(といっても昨年2月発行の13版ですが)がなんと2割引き、早速購入しました。
 併せて「ここが変わった!改正労働基準法」も。
 これは、平成20年12月に成立し今年4月から施行される改正労働基準法※について、施行通達にそって解説したもの。
 図解入りでとてもわかりやすくまとめられており、会社の人事担当者にもお勧めです。

 労基法改正に伴う就業規則等の変更は、役所屋本舗にお任せください。

 

※改正労働基準法(平成20年法律第89号)のポイント
1.割増賃金率の引き上げ
(1)月60時間を超える時間外労働割増賃金率は50%以上に
(2)月60時間を超える時間に対応する代替休暇制度の創設
(3)中小企業については当分の間猶予
2.特別条項付協定の時間外労働削減努力義務
(1)限度時間を超える時間外労働の割増賃金率を25%超に
(2)限度時間を超える時間外労働削減努力義務
3.時間単位の年次有給休暇(年5日以内)の創設

 労基法改正に伴う就業規則等の変更は、役所屋本舗にお任せください。

おまけ

 今年、アクセス数が増えたGのブログ。今週に入り、さらにアクセス数が増えました。
 更新頻度より、皆様のお役に立つコンテンツをアップすることの大切さを再認識しました。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2010年1月20日 (水)

大寒とは思えない温かさ

 きょうは1年で最も寒いとされている「大寒」。

 でも、日本列島は移動性高気圧に覆われ、南から暖かい空気が流れ込んだため、3~4月並みの暖かさでした。
 東京(都心)の最高気温も17度とポカポカ陽気。小野事務2号(自転車)で中野の顧問先や年金事務所に出かけたGも汗ばむことに。

 この陽気はあすまで続き、天気予報では東京のあすの最低気温はきょうより7度高い11度、最高気温も18度になるようです。

おまけ

 1月から年金事務所に看板を掛け替えた旧社会保険事務所。
 課の名前も、適用課から厚生年金適用課に、調査課から厚生年金調査課に変わりました。

 つづく

 

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2010年1月 6日 (水)

平成22年度社会保険料・労働保険料改定情報(再修正版)

 2010(平成22)年度の社会保険料・労働保険料の改定情報をまとめました。

・平成22年1月18日:雇用保険料率(一般)を1.5%から1.55%に修正
・平成22年1月27日:健康保険料率(協会けんぽ)全国平均を9.3%から9.34%に修正

1.健康保険料率(協会けんぽ)…全国平均9.34%(H22年3月~)
 都道府県別保険料率の最高は北海道の9.42%、最低は長野県の9.26%。
 1都3県の保険料率は、上から神奈川県の9.33%、東京都の9.32%、千葉県の9.31%、埼玉県の9.3%の順。激変緩和措置も10%から15%に拡大。
※都道府県別保険料率は、2月上旬に厚労大臣が決定(予定)

2.介護保険料率…1.5%(H22年3月~)

3.厚生年金保険料率…15.704%(H22年9月~16.058%)

4.子ども手当…0.13%(現行児童手当負担分)を継続見込み

5.雇用保険料率(一般)…1.55%(H22年4月~)※
※報道されている1.2%(現行0.8%)は労使折半部分のみ
 H22.1.18朝、事業主負担0.3%を0.35%に改定とのTV報道があったため、当初見込みの1.5%から1.55%に修正しました。改定理由は雇用調整助成金の増額に対応するため

6.労災保険料率(その他各種事業)…現行0.3%(H21年4月~)

7.国民年金保険料…15,100円(H22年4月~)

 この情報は、あくまで現段階の報道機関発表情報で、国が正式に決定したものではありません。

おまけ

 きょう、ハローワーク新宿に行ってきたのですが、年末に退職した社員の方が多かったためか、窓口は大混雑。社会保険労務士専用窓口でも、20人待ちでした。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2010年1月 4日 (月)

日本年金機構、発足

 旧社会保険庁の年金業務を引き継ぐ形で1日に設立された日本年金機構。きょう、その発足式が同機構本部(杉並区)で開かれました。
 
 社会保険事務所は、「年金事務所」に名称が変更になりましたが、取扱業務に変更はありません。
 通知の名義が社会保険庁から厚生労働省又は日本年金機構に、歳入徴収官が社会保険事務所長(又は社会保険庁総務部経理課長)から厚生労働省年金局事業管理課長に変わるだけ。 

 非公務員型の特殊法人となった同機構の正規職員約1万8,000人のうち、940人は民間からの採用者。組織改革・意識改革・業務改革を行い、お客様の立場に立った効率的なサービス提供が求められます。

 ちなみに、全国に51か所ある年金相談センターの運営は、1日から全国社会保険労務士会連合会に委託されました。すでに昨年4月から年金事務所(旧社会保険事務所)の年金相談窓口業務の一部が社会保険労務士会へ委託されており、年金相談業務のかなりの部分を社会保険労務士が担うことに。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2010年1月 2日 (土)

謹賀新年

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

しめ飾り

 年末・年始、皆さんはどうお過ごしですか。

 年末グリゲーの脳力ゲーム「四字熟語」にハマったGは、年始からmixiアプリの脳力大学「漢字テスト」にハマっています^^;

 グリゲーの方は出題範囲の四字熟語の数があまりにも少なく、携帯電話でいかに早く入力できるかが勝負。入力スピードの遅いGはすぐ壁に突き当たってしまい、BESTスコアは947,580点止まり。

 にゃんたろーに勧められて始めた「漢字テスト」の方は、出題範囲も広くレベルが高いので、暇つぶしとしては最高かも。
 チケットを使わずに遊べる「連続正解チャレンジPlay」とチケットが必要な「ジャンル別テストPlay」の二つに分かれています。
 「連続正解チャレンジPlay」でハイスコアを更新すると、ボーナスチケットがもらえます(20問から5問単位ですが)。
 「ジャンル別テストPlay」は、動物や魚介類などのジャンルとレベル(初級/中級/上級)を選択して遊びます。初級・中級とも50問出題(上級の出題数は100問のようです)。30問クリアで勲章がもらえ、次のレベルに進むことができます。
 全問正解(コンプリート)を目指すと、あっと言う間にチケットがなくなってしまうので注意が必要です。
 Gは現在、「動物」「住居」「魚介類」「食物」の4ジャンル中級まですべてコンプリートしています。その結果チケットが減ってしまい、ボーナスチケットを獲得すべく「連続正解チャレンジPlay」でのハイスコア更新を目指しているのですが、これがなかなか手ごわい^^;

 おまけ

 「漢字テスト」のゲームをすると、タッチタイピングの練習になるかも。

 チケットをためるには、他にマイミクを招待する(20チケット)、ログインボーナスをもらう(1日1回1~5チケット)といった方法があります。手っ取り早いのは、毎日ログインしてボーナスチケットをゲットすることです^^;

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票