ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 退職時期で異なる住民税の手続き | トップページ | 協会けんぽの保険料率、9.3%へ »

2009年12月22日 (火)

年末調整終了!

 けさ、顧問先に書類一式を速達で送付し、今年の年末調整を終了しました。
 すでに電子データは納品済みだったのですが、紙ベースの送付はきょうが最後でした。

 来年度は、すべての顧問先に年末調整関係書類を電子データで送付し、よりスピードアップを図ろうと思います。   

 住宅ローンを組んで住宅を新築・購入したとき、一定期間税額控除が受けられる「住宅借入金等特別控除」(住宅ローン控除)。最初の年は確定申告が必要ですが、2年目以降は年末調整で控除することになります。
 所得税から控除額を引ききれなかったときは、市区町村に申告すると翌年度分の住民税が軽減される場合があります。

 この市区町村への申告が、平成22年度分個人住民税から不要になるそうです。
 これは、「新たな個人住民税における住宅ローン控除」※創設に伴う措置。
 なんでも、確定申告の添付資料の見直しや、給与支払報告書等の改正で、住宅ローン控除額を算出するために必要な情報を、市区町村が把握できるようになるため、申告が不要になったのだとか。

 平成18年以前に居住を開始した税源移譲の経過措置である住宅ローン控除対象者も申告が不要なるようです。

 詳しいことは、国税庁や総務省、都道府県、市区町村のサイトで確認してください。

※「新たな個人住民税における住宅ローン控除」
 平成21年から平成25年までの間に居住し、所得税の住宅ローン減税を受けた方で所得税から控除額を引ききれなかった人を対象に、翌年度の個人住民税で住宅ローン控除を行うというもの。 
 
 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 退職時期で異なる住民税の手続き | トップページ | 協会けんぽの保険料率、9.3%へ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

給与計算」カテゴリの記事

コメント

きのう、措置する?

住宅ローン控除
不動産では、特に関心の高い話題ですね。
尤も、今、不動産業界は真冬の時代。
トンカチトントンの音が聞こえなくなりました。

突然の書き込み失礼致します。
ランキングに参加して頂きたく、こちらのブログを登録させて頂きました事をご報告します。

HP:ビジネスネット
URL:http://business-net.info/

当サイトに登録させて頂いたブログからアクセスがあると、総合アクセスと、記事1つ1つからのアクセスが人気順に表示される仕組みになっております。

記事単位で人気が決まるので、良い記事がたくさんあれば、それだけランキングを埋め尽くすことも可能です。
昨日の人気記事TOP50 http://business-net.info/yk_ranking.html

詳しくはこちらのページをご覧下さい。
サイトの説明 http://business-net.info/menu_about.html

当サイトは競争しやすい仕組みになっておりますので、将来的には多くのアクセスを返せると思います。
是非リンクして頂ければと願っております。どうぞ宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 退職時期で異なる住民税の手続き | トップページ | 協会けんぽの保険料率、9.3%へ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票