ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

4月以降こう変わる!!

 社労士業務関連の4月以降の変更点をまとめました。

■介護保険料率の引き上げ
 平成21年3月分(4月納付分)から協会けんぽの介護保険料率が1.19%(旧1.13%)に引き上げられます。
 これにより、40~64歳の介護保険第2号被保険者の健康保険料率は、医療に係る保険料率(8.2%)と合わせ9.39%(旧9.33%)に。

■雇用保険料率の引き下げ
 平成21年4月から雇用保険料率(労使折半)が一般の事業で0.8%(旧1.2%)に、建設の事業で1.0%(旧1.4%)引き下げられます。これは平成21年度単年度の措置。

■労災保険料率の改定
 平成21年4月からの労災保険料率が改定されます。ほとんど据え置きですが、引き上げられる事業と建築事業(1.3%<旧1.5%>)やその他の各種事業(0.3%<旧0.45%>)のように引き下げられる事業があります。

■労働保険年度更新申告・納付時期の変更
 平成21年度から6月1日から7月10日に変更になります(平成20年度までは4月1日から5月20まででした)。
 平成21年4月から雇用保険料率と労災保険料率が改定されたため、平成21年度の概算保険料は新料率で、平成20年度の確定保険料は旧料率で計算することになります。

■都道府県ごとの健康保険料率に変更
 平成21年9月(10月納付分)から協会けんぽの健康保険料率が改定されます。
 全国一律だった料率8.2%(労使折半)は最高の北海道が8.26%、最低の長野県が8.15%に。
 1都3県は以下のとおりです。
・東京都…8.18%
・神奈川県…8.19%
・埼玉県…8.17%
・千葉県…8.17%

■国民年金保険料引き上げ
 平成21年4月から250円引き上げられて、1万4660円に。

■ねんきん定期便郵送開始
 平成21年4月3日から、公的年金の現役加入者を対象に年金記録を確認するための「ねんきん定期便」が誕生月に郵送されます。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月24日 (火)

雇用調整助成金申請急増!?

 企業の業績悪化を受け、1月の休業者数は153万人と総務省が1968年に調査を開始して以来最多となったそうです。
 昨年10月の106万人から3か月で47万人増えたことに。

 この背景には、派遣や契約社員などの非正規社員から始まった雇用調整が正規社員にまで及んできたこと、国が第1次・第2次補正予算で雇用調整助成金を拡充したことが挙げられます。

■雇用調整助成金(大企業向け)
 助成率…休業手当の3分の2

■中小企業緊急雇用安定助成金(中小企業向け)
 助成率…休業手当の5分の4

 1月の雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)の申請は87万件と2か月前の約100倍となり、今後も増加が見込まれます。
 そのため580億円の2009年度予算ではすぐに底をつく恐れがあるため、政府・与党は補正予算で4000~5000億円積み増す方針とのこと。

 しかし、予算だけ増やしてもハローワーク(公共職業安定所)の担当職員はとても少なく、申請を受理してから助成金が交付されるまでに何か月もかかることが予想されます。そのため、助成金をあてにして資金計画を立てていると、資金不足に陥る可能性があるので注意が必要です。

 「現場に社会保険労務士を配置して事務を効率化することで支給までの日数を短くする」(日経新聞)とのことですが、思惑どおりうまくいくかどうか…
 

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月17日 (火)

雇用保険法改正案、月内成立へ

 失業給付の拡大や雇用保険料率の引き下げなどを盛り込んだ雇用保険法改正案が、与野党の合意で今月中に成立する見通しとなりました。

 年度末の非正規労働者の大量離職に備えるため、施行日も4月1日から3月31日に前倒しに。

 同法改正案の成立で、雇用保険の適用範囲は「6か月以上の雇用見込み」(現行「1年以上」)に短縮され、雇用保険料率は0.8%(労使折半<現行1.2%>)に引き下げられることになります。

 コスモさん、「新大学生必見!『スタジオパークからこんにちは』」へのコメント、ありがとうございます。

>にゃんたろ~先生が編集

>こりゃ~ みなくっちゃ!

 やはり、国会中継のため、放送はきょうに延期になってしまいました^^;

>こんな時の優れもの。
>携帯電話のワンセグだ!

 確かに便利ですよね♪

 しかし、NPO法人事務局のFAX番号(Gの事務所のもの)が大写しで放送されたため、放送終了後すぐにFAXが届きました。
 それも、名前も書かずに「地震に弱い場所のマップをおしえて下さい。○○で下宿をさがそうと思っています」とFAX番号だけが書かれたものが^^;

 G、内閣府防災情報のページに「地震のゆれやすさ全国マップ 」が都道府県別に掲載されている旨、FAXで連絡しましたけどね。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月16日 (月)

新大学生必見!「スタジオパークからこんにちは」

 きょう(16日)午後1時からNHKの「スタジオパークからこんにちは」で、「新大学生のための防災講座」が放送されます。
 放送時間は午後1時40分から2時までの間の10分弱。

 これは、Gが事務局を務めるNPO法人東京いのちのポータルサイトの「地震に強い家(へや)に住もう」キャンペーンで作成した「大学生のためのマニュアル&チェックリスト 」に関するものです(多分^^;)。
 ただし、国会中継が入った場合や大きな事件や事故があった場合は、翌日(17日)放送に変更となります。

 このチラシ、地震防災の専門家である名古屋大学大学院教授の福和伸夫先生と元板橋区防災課長・鍵屋一氏の文章をにゃんたろーがリライト・編集したもの。
 今年は早稲田大学、青山学院大学、文化学園の3大学に置いてもらうことができました。

 1995(平成7)年1月に発生した阪神・淡路大震災の犠牲者は6,434人。
 年齢別にみてみると、20~24歳の若者が目立ちます。

 これは被災地に大学が集中していたからです。

 壊れたのは古い家や木造アパート。
 耐震性のない建物に住み、家具に囲まれて寝ていた大学生が大勢亡くなりました。

 新大学生などが、同じ悲劇を繰り返さないよう、このチラシを参考に住まい選びをしてくれるよう願わずにはいられません。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月15日 (日)

就職協定復活か?

 就職活動の早期化による弊害を防ぐため、文部科学省が「就職協定」復活の検討を始めたそうです。

 これまで形骸化のため復活と廃止を繰り返してきた「就職協定」。学業優先を要望する大学側に対し、「就職協定」に参加しない外資系企業を警戒し難色を示す企業側、果たして1996(平成8)年に廃止された「就職協定」が復活するか注目されます。

 今は「就職協定」がないため、大学生は3年の秋から就活を始め、4年生になったばかりの4・5月が実質的な内定のピークだと言われています。
 これじゃ専門科目の勉強が疎かになるのは当たり前です。

 修士課程(2年)に進んだ学生も同様です。1年目の秋から就活をすることになるのですから。

 ほとんどの日本企業は、これまで1.博士課程修了、2.修士課程修了、3.大学卒、4.短大卒、5.高卒といった学歴で給料を決めてきました。
 一方外資系企業は、経験、スキル、年齢に基づき給料を決めているようで、日本の企業のように新卒にあまりこだわらず、相対的に給料も高いと言えます。
 外資系企業には、書類選考後の面接で判断できるスキルがあるということなのかもしれません。

 とすれば、日本企業には「就職協定」以前の問題があるように思えてなりません。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月13日 (金)

コメント御礼(16)

 コスモさん、「仕事の依頼が入るウエブサイトを作る」へのコメント、やまゆりさん、「社会保険未適用事業所への加入勧奨始まる」へのコメントありがとうございます。

>コスモさん

>私の仕事(不動産)仲間。
>私が行政書士を取ったことから、よっしゃ!と
>FPに去年挑戦されました。
>結果は見事一発合格。

 実務上関連の深い「宅地建物取引主任者」と「FP」。
 両資格を生かした質の高いサービスを提供できそうですね。

>今、更なる上を目指して勉強されてます。
>年齢は53歳。

 頭が下がります。

>やまゆりさん

>Gにはいつぞやのセミナーでお会いしているのですが、誰だかわかるでしょうか。
>もしわからなかったら、にゃんたろー先生に聞いてください。

 ご無沙汰しております。
 G、もちろんやまゆりさんのこと、覚えてますよ(笑)
 それに、にゃんたろーがいつもお世話になってますし。

>ところで、知り合いの事業所で、社会保険に未加入のところがあります。
>いいかげん、加入しないと、という話になっているのですが、
>職権による強制適用でなければ、2年前に遡って払わなくても大丈夫ということでしょうか。

 いきなり、直球の質問ですね^^;

 このブログ、いろいろな立場の方がご覧になっています。
 なので、やまゆりさんとにゃんたろーが打合せする日にでもお話させていただければと。
 それじゃ遅いということでしたら、メールを差し上げますが。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月11日 (水)

仕事の依頼が入るウエブサイトを作る

 3月17日(火)開催のセミナーのお知らせです。

 と言っても、正式なタイトルは「FPのためのウエブ活用法 ―仕事の依頼が入るウエブサイトを作る」。

 ファイナンシャルプランナー限定のセミナーです。

 CSMSライターのにゃんたろー先生、FPジャーナル2009年2月号の巻頭企画「ウェブ活用のすすめ」に記事を書いたところ、それをご覧になったCFPの新美昌也先生から声がかかり、セミナーを開催することになりました。

 にゃんたろー先生いわく。
 「ウェブサイトというと、どうしてもデザインにばかり凝ってしまったり、自分で作ろうとHTMLコーディングを勉強しようとしたり、あるいはSEOに夢中になって無駄な努力をしてしまったり、中にはPPCに大金をつぎ込んでまったく成果が出ていない方も」
 「ファイナンシャルプランナーの先生方は、人の役に立つお仕事をされているわけですから、ぜひ、そのお力を発揮されて、多くのお客様と出会い、困っている人を助けてあげて欲しいと思っています」

 そのためのウェブ活用セミナーとのこと。

 新美先生のお仲間から先に声をかけたので、残席2人となってしまいました。

 FP資格をお持ちで参加したいという方は、お早めにお申し込みを(先着順)。

 セミナーの詳細は、CFP新美昌也先生のサイト をご覧ください。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月 9日 (月)

協会けんぽの新保険料率決着

 中小企業のサラリーマンなどが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険料率が、地域差0.11ポイントで決着しました。
 初年度(今年10月から)の保険料率は、最も高い北海道が8.26%、最も低い長野県が8.15%に。
 ちなみに1都3県は、東京都が8.18%、神奈川県が8.19%、埼玉県と千葉県が8.17%となります。

 これは、これまで初年度の変化幅を5分の1とする案を自民党に示していた厚生労働省が、10分の1に圧縮する案を6日の自民党会合に提示し了承を得たため決まったものです。

 しかし、5年間の激変緩和措置の初年度を10分の1に圧縮したことは、残り4年間の保険料率アップ幅の上昇をもたらすだけではなく、各都道府県の医療費抑制努力に水を差すことにも。

 いずれにしろ、旧政管健保の保険料率8.2%(労使折半)が10月以降都道府県ごとに差が出るため、複数都道府県に顧問先のある社会保険労務士にとって、給与計算が煩雑になることは間違いありません。 

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年3月 5日 (木)

久しぶりの更新です^^;

 コスモさん、オオチャコさん、「中小企業に100万円を支給♪」へのコメント、ありがとうございました。

>コスモさん

>けして、批判するわけではありませんが、
>雇用者へのご褒美としか、私には見えません。

 中小企業に100万円が支給される「若年者等正規雇用化特別奨励金」。
 厳しい雇用情勢の下で、年長フリーター等を正規雇用した「雇用者へのご褒美」と言えるでしょうね。
 

>オオチャコさん

>現在、熊本の司法書士事務所で補助者をしているのですが、
>3月より社労士・行政書士のWライセンスでの独立を視野に活動していきたいと考え、
>おもいきって、昨日 ブログ スタートさせていただきました。

 初めまして、オオチャコさん。
 行政書士有資格者で、今年、社会保険労務士の合格を目指しているとのこと。
 試験勉強もブログも頑張ってください。

おまけ

 先日、あるセミナー会場で、社労士開業塾同期で沼津で開業しているHさん、それにNPO労務サポーターのIさんにお会いしました。
 所用がありセミナー終了後すぐに帰ってしまい、久しぶりなのに、あまり話すことができなくて残念でした。
 

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票