ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

新健保料率案を公表

 厚生労働省は、今年9月改定予定の協会けんぽ※の新保険料率(激変緩和措置4案)を公表しました。

 これによれば、新保険料率で最大1.07%の地域格差が0.17-0.46%に縮小することになります。
 ただし、激変緩和措置4案はいずれも現行料率以下に下がる地域に負担を求める案となっており、年度内決着へ向けた調整が難航することも予想されます。

<新保険料率>
■激変緩和措置を講じない場合
1.地域格差:1.07%
2.最高料率:北海道8.75%
3.最低料率:長野県7.68%
 【参考】:東京都8.04%

■案1(上限8.3%、下限8.13%に設定)
1.地域格差:0.17%
2.最高料率:北海道8.30%
3.最低料率:長野県8.13%
 【参考】:東京都8.13%

■案2(変化幅を本来の5分の1に)
1.地域格差:0.21%
2.最高料率:北海道8.31%
3.最低料率:長野県8.10%
 【参考】:東京都8.17%

■案3(上限8.3%。料率が下がる地域は段階的に下げ幅を縮小)
1.地域格差:0.31%
2.最高料率:北海道8.30%
3.最低料率:長野県7.99%
 【参考】:東京都8.14%

■案4(案3を基本に料率が8.3%を超える地域も段階的に上げ幅を縮小)
1.地域格差:0.46%
2.最高料率:北海道8.39%
3.最低料率:長野県7.93%
 【参考】:東京都8.12%

※協会けんぽ
 旧政府管掌健康保険(政管健保)が昨年10月新組織の全国健康保険協会(協会けんぽ)に移行、全国一律月額8.2%(労使折半)だった保険料率を医療費水準や高齢者の割合など地域の実情に合わせ都道府県単位で定めることになりました。
 ただし、急激な負担変動地域への配慮から5年間の激変緩和措置を講じることに。

 コスモさん、いつもコメントありがとうございます。

「給与計算システムにエラー^^;」

>焼きネギ
>これは美味いッス!

 「深谷ネギ」の焼きネギが最高です!

「『夢をかなえるゾウ』を読んだ」

>成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?
>答え
>書いた人だけが儲かる本だから。

 ハハハ…そうだったんですね^^;

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年1月26日 (月)

「夢をかなえるゾウ」を読んだ

 2008年のミリオンセラーで同年10月に小栗旬主演でドラマ化された「夢をかなえるゾウ」(水野敬也・飛鳥新社)を今頃読みました^^;

 「主人公は『人生を変えよう』として何かを始めるけど全部三日坊主に終わってしまうサラリーマン。しかし、ある日突然、彼の目の前にゾウの姿をした奇妙な生き物が現れます。『ガネーシャ』という名を持つ、インドからやってきたこの神様は、主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけ。たぶん、史上最悪のメンター(師匠)でしょう。しかし、ガネーシャはこう言います。今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――。」(Amazon「夢をかなえるゾウ」著者コメントより)

 ガネーシャから与えられる課題は、「まっすぐ帰宅し、自由に使える時間を作る」や「その日がんばった自分を褒める」、「翌日の準備、スケジュールを立てる」といったこれまでの自己啓発本に書かれてきたものばかり。

 それを実践しているかとなると話は別ですが(^^;)
 
 この本の中で繰り広げられる関西弁のガネーシャとダメダメ社員の僕との会話は、まるで漫才。でも最後の場面ではホロリとさせられます。
 「笑えてタメになる」本に仕上がっておりおススメ。

おまけ

 「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」。
 筆者はこの疑問に対する1つの解答として、準備に3年かけてこの本を出版したのだとか。
 実は用意周到だったんですね。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

 

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年1月20日 (火)

給与計算システムにエラー^^;

 給与計算システムにエラーが発生。その連絡がシステム会社からファクスで入ったのはきょう(20日)。
 おいおい、きょう給料支給日の顧問先もあるというのに…
 でも、連絡があった不具合内容を見てひと安心。

 G、20日が給料支給日の顧問先の給料計算をしていて、その不具合はすでに確認して対応済み。といっても給料支給日の近い顧問先の給与計算でも確認作業と手入力が必要に。トホホ…^^;

 コスモさん、ribon2さん、「2009年問題」へのコメント、ありがとうございます。

>コスモさん

>派遣問題
>私は、派遣そのものに疑問を抱いてます。
>手配師を合法的に株式会社化させた法律と言い切ってます。

 なかなか手厳しいですね。
 私は必ずしもすべての派遣に対して疑問を持っているわけではありません。
 この件については、別の機会に書かせていただきます。

>ribon2さん

>おまけの「おねぎのから揚げ」作ってみます

ねぎの黒焼き

 「おねぎのから揚げ」は、「から揚げ」というより「フリッター」って感じですが。
 簡単なのは「ねぎの黒焼き」。冬はねぎの甘さも増して美味しいし、風邪の予防にもなるし^0^/

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

 

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年1月13日 (火)

2009年問題

 自動車など製造業の現場を支えてきた派遣労働者や期間工の契約解除といった、いわゆる「派遣切り」が社会問題となっています。
 実は、「派遣切り」が問題となるかなり前から、2009(平成21)年に3年間の雇用期間が満了する大量の派遣労働者の扱いについては、製造業界では「2009年問題」として課題となっていました。

 製造業への労働者の派遣は、2004(平成16)年の労働者派遣法改正で認められました。当初1年間だった派遣期間も、2007(平成19)年の同法改正で3年間に延長されました。派遣期間の延長を見越した製造業界は、2006(平成18)年の偽装請負発覚を機に、労働力を「請負」から「派遣」へシフトしました。2006(平成18)年度の製造業への派遣労働者数は前年度の3倍以上になったと言われています。

 労働者派遣法に基づく指針には、派遣期間が3年間を超えた場合、再び派遣契約を行うためには一定期間(3か月間以上)おかなければいけないと定められました(「クーリング期間」と言います。)。このクーリング期間の労働力不足問題、これが製造業における「2009年問題」と言われてきたものです。
 
 しかし、厚労省が昨年9月26日付通達「いわゆる『2009年問題』への対応について」で、クーリング期間後の再派遣は労働者派遣法の趣旨に反するとし、派遣先会社(メーカー)に派遣社員を直接雇用するか請負に移行するかの二者択一を迫ることに。
 「労働者派遣は、臨時的・一般的な労働力需給調整の仕組みである」というのは確かに法の趣旨でしょう。でもこの通達が結果として「派遣切り」を増やすことになったのではないかと思えてなりません。

※「派遣」と「請負」の違い
 「派遣」は、派遣社員が派遣元企業と契約し、派遣先企業の管理下で働く雇用形態で、派遣先企業は派遣社員を指揮・命令することができます。
 一方「請負」は請負会社の現場責任者しか請負社員を指揮・命令することはできません。実態は「派遣」にもかかわらず雇用期限のない「請負」を装い、メーカーが請負社員を指揮・命令する「偽装請負」が違法行為として社会問題化しました。

おねぎのから揚げ

 おまけ
 写真は、風邪予防のため、行きつけのお店で食べた「おねぎのから揚げ」です。

 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

 

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年1月 8日 (木)

アクセス動画をアップ

 秘書(CSMSライター)のにゃんたろーが、Gが先日撮影・編集した最寄り駅から事務所までのアクセス動画を、役所屋本舗のサイト内の事務所案内ページにアップしてくれました。

 アクセス動画は、以下の3ルート。

 1.東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅(C7出口)からのアクセス
 2.東京メトロ副都心線線新宿三丁目駅(C7出口)からのアクセス
 3.都営新宿線新宿三丁目駅(C7出口)からのアクセス
 ※動画の長さはルート1と2は約4分、ルート3は約3分です。

 事務所にいらっしゃる前にこの動画をご覧いただけば、お客様が道に迷うことも少なくなるのでは…

 
 コスモさん、「アクセスビデオ撮影」へのコメント、ありがとうございます。

>本年も宜しくお願いいたします

 こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

 
 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

 

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年1月 4日 (日)

アクセスビデオ撮影

 最寄り駅から事務所までのアクセスビデオの撮影と編集をしました。

 というのは、役所屋本舗(小野行政書士・社会保険労務士事務所)にいらっしゃるお客様の多くが、道に迷われるからです。
 事務所案内ページからリンクが張ってあるGoogleマップのストリートビューが、正面玄関前の道路(医大通り)ではなく、裏口のある狭隘(きょうあい)道路側の写真だというのも理由の一つのようです。
 実際、事務所プレートのない裏口玄関からいらっしゃるお客様も。

 撮影・編集したのは、以下の3ルート。

 1.東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅(C7出口)からのアクセス
 2.東京メトロ副都心線新宿三丁目駅(C7出口)からのアクセス
 3.都営新宿線新宿三丁目駅(C7出口)からのアクセス
 ※ルート1と2は約4分、ルート3は約3分の長さです。

 といっても、改札口を出たところ以外は、同じ映像の使い回しです(^0^)v
 
 このアクセスビデオを見てからいらっしゃれば、道に迷うことも少なくなるのではと期待しています。
 近日中に、事務所案内ページからアクセスビデオが見られるようにする予定です(もちろん秘書のにゃんたろーにお願いしてですが^^;)。
 
 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

 

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

2009年1月 2日 (金)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

事務所玄関の注連飾り

 今年初めてのブログ更新です。
 更新頻度が減るに従い、このブログのランキングは下がる一方です。
 複数の方から「人気ブログランキングへのバナーを『ポチ』しても、ポイントが増えないよ~」との声も。
 でも、Gには原因はわかりません^^;

 今年一年、皆様にとって素晴らしい年になりますことを、お祈りいたしております。

 おまけ

 ゴール150メートル前で棄権して以来、33年ぶりに母校が箱根駅伝に出場!
 往路優勝は東洋大学。山上りの5区で柏原(1年)君が区間新をマークしての逆転優勝でした。あすの復路も激戦が予想されます。
 
 
 つづく

↓人気ブログランキング「法律・法学」の順位が確認できます。
人気ブログランキング「法律・法学」へ

 

↓にほんブログ村「社労士」ランキングの順位が確認できます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗」へ■
 「役所屋本舗」は、若い司法書士、税理士、弁護士を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票