ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 改正パート労働法のポイント | トップページ | G、美容院に行ったよ♪ »

2007年6月29日 (金)

契約書ナシで800億円の契約を取る方法!?

 これまで、社会保険庁の年金記録問題にうんざりしているG、ほとんど記事を書きませんでした。
 あまりにお粗末かつ杜撰で、書く気にもならなかったからです。

 でも、「社会保険庁が公的年金記録システムについて契約書を交わさずに、見積書だけで年800億円近くの使用料をN社に支払っていた」との新聞記事を読み、元一地方公務員として、ちょっとコメントを書きたくなりました。
 あくまで報道記事を読んだだけでの感想ですが…

■契約書なしで使用料(?)が払える?

 都道府県・市区町村が行う契約については、地方自治法や同法施行令、各自治体の条例・規則(例えば「契約事務規則」)にその方法などが細かく定められています。
 800億円もの支払いを、支払い根拠となる契約書なしに支出することは、地方自治体ではできません。

 では、国はできるのでしょうか?...そんなはずはありませんよね。

■会計検査院は何をしていたの?

 地方公共団体では、財務の監査を行うため監査委員が置かれています。すべての部署が毎年監査事務局職員による監査を受け、見積書や契約書、請求書、領収書などの書類のチェックを受けます。
 国でこの機能を果たすために設けられたのが会計検査院です。

 契約書もなしに800億円もの金額が支払われていたことを、会計検査院が見逃してしまったのでしょうか?
 会計検査院は、国税庁のマルサ同様、少数精鋭の集まりだそうです。いくら人員が十分ではないとはいえ、そんなはずはないと思います。

■契約書の要らない契約?

 新聞には「使用料」と書かれていましたが、使用料は「歳入科目」で、歳出科目としては「役務費」のはず。その中の「通信・運搬費」のことを指しているのではないかと思います。

 というのは、「1980年にN社と『データ通信サービス契約』を結んだ」とあるので、本来「委託料」として予算計上すべき「公的年金記録管理システム」の開発・運用経費を、こっそり
「通信・運搬費」に潜り込ませちゃったんではないかと...^^;

 「通信・運搬費」であれば、各部署の電話代やインターネットの回線使用料と一緒に、契約書ナシで支払うこともできそうですから...。

 まあ、これは、元一地方公務員の想像ですが!

 おまけ

 国と都と区の予算担当者の大きな違い
 ・国:億単位(通称「オクタン」)で予算を作る
 ・都:百万円単位(通称「ヒャクマンタン」)で予算を作る
 ・区:千円単位(通称「センタン」)で予算を作る…GのいたN区の予算担当者は円単位(通称「エンタン」)で査定していました^^;

 つづく

■届け出・手続き・申請は「役所屋本舗 」へ■
 「役所屋本舗」は、司法書士と税理士の「日本一頼りになる事務所」を目指す若い2人を味方につけ、行政書士・社会保険労務士と広報コンサルタントが「日本一役に立つ事務所」を目指します。

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。人気ブログランキング「法律・法学」へリンクしているバナー

« 改正パート労働法のポイント | トップページ | G、美容院に行ったよ♪ »

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「独立・開業」カテゴリの記事

コメント

社保庁の杜撰さには呆れ果ててうんざりです。
通信・運搬費に摩り替えて。
たぶん、そんなところでしょうね。
決算処理にも問題ありで、単年度決算だから
通年度意識が欠落してる。
ここが民間とお役所の大きな違いですね。

元お役人のドンキーさんには悪いけど。
公務員の為の公務員の年金制度が基本ラインで
企業にはおすそわけ感覚で、自営業者や失業者の国民年金は、ぶんどった分だけ儲けだ!の意識だったと思う。

20年前でも
年金を支払っても年金をもらえる保証はありますか?と行政に問うても、それはわかりません。の
回答が平然と返ってましたもんネ。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 改正パート労働法のポイント | トップページ | G、美容院に行ったよ♪ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

ブログランキング投票