ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月23日 (土)

宅建業も視野にセミナーに参加

 きょうは、西新宿で開かれた「不動産☆必勝法セミナー」に行って来た。
 私は行政書士・社労士として起業を考えているが、宅地建物取引主任者の資格も持っており、将来的に宅建業も視野に入れて情報収集しておこうと思ったからである。

 午前中は「マンション派VS戸建派 本当におトクなのはどっち?!」、午後は「今、不動産は売り時か?地価上昇の実態と売却のタイミング」。
 主催者は不動産業者ではなく、不動産・家づくり・リフォームのコンサルタント会社だというのがミソ。
 悪徳不動産業者(ほとんどの不動産業者は違いますよ~^^;)に騙されないようにするためには、こういったコンサルタント会社に頼むのも手だね。 

 タダでくれた小冊子「不動産購入で失敗しない17のチェックポイント」を昼食をとりながら読んだんだけど、これは参考になった。

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

2006年9月16日 (土)

厳しい現実

 きょうの午後、渋谷のフォーラム8で開催された「士業に革命をもたらす史上最強営業法・集客法セミナー」に参加してきた。

 講師は、ネットマーケティングのカリスマ行政書士、丸山学さんと金森重樹さん。
 といっても、二人とも行政書士業務だけで食べているわけじゃなく、丸山さんは会社設立に特化した経営コンサルタントとして、金森さんはネットを使った不動産業で有名である。

 私は、ネットマーケティング初心者向けに無料でプレゼントされた、金森さんのさんの書籍「超営業法」と「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ!超・マーケティング」をあらかじめ読んでから出かけた。

 二人の話に共通していたのは、「これまでのネット営業はもう通じない」ってこと。

 士業で起業するといっても、こりゃ~現実はかなり厳しいぞ。 

 

↓丸山行政書士事務所のページです。
http://www.marujimu.biz/

↓金森合同法務事務所のページです。
http://www.gyouseisyoshi.jp/

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

2006年9月 5日 (火)

若者・女性向け耐震補強イベント、始動

 私が平会員として参加しているNPOの耐震補強委員会が今晩(4日夜)あった。

 そこで、12月3日に開かれる耐震フォーラムを、今までのように国のお役人や超有名大学教授、研究所などのお偉いさんによる基調講演やパネルディスカッションをやるのではなく、若い人や女性をターゲットにしたイベントにしようという企画案が検討され、了承された。

 今後30年間に首都圏でマグニチュード7クラスの大地震が起きる確率は70%。一方、1923年の関東大震災クラスの地震はまだ当分こない(あと200年ぐらい起こらない)。

 実は、11年前の阪神・淡路大震災で亡くなった人のうち、8割以上が地震発生後15分以内に、家や家具などの下敷きになって死亡していたという事実をみなさんはご存知だろうか?

 これまでも、国や地方自治体、私が所属するNPO(といっても私が何かしてきたわけではなく、つい最近まで私はただのボランティアでしかなかった)など市民レベルでさまざまな耐震補強の取り組みが進められてきた。

 たまたま起こった姉歯建築士による耐震偽装問題を追い風に、国もさまざまな法改正や制度創設を行ってきた。

 でも、なかなか耐震補強が進まないのが現実である。

 そこでNPOの若手メンバーが動いた。

 今晩のプレゼンは、ある区役所の女性職員によるものであったが、事前のコアメンバーに対するいい意味での根回しや、お爺ちゃんにもわかるようなビジュアルな説明が効を奏し、実現する運びとなった。

 これは、期待できる。

 首都圏で大地震がおきるまで、残された時間はわずか。

 あなたの大事な家族、彼女・彼氏を地震で殺してはいけない。

 この件については、企画が煮詰まり次第また報告する。

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

2006年9月 4日 (月)

士業開業本の古典的名著?

 いよいよきょうから、行政書士本と社会保険労務士本の書評である。

 行政書士本も社会保険労務士本も著者ごとにまとめて紹介しようと思う。

 まず、きょうは河野順一さんの開業塾シリーズ「行政書士開業塾」と「社会保険労務士開業塾」である。

 私の評価はどちらも「C」である。

 どちらも、初版がほぼ同時期(1995年2月と3月)で同じ構成(第Ⅰ部:資格取得、第Ⅱ部:開業するには、第Ⅲ部成功のためのプラスアルファ)となっている。

 両資格を持っている私には第Ⅰ部は不要で、第Ⅱ部もまったく同じ内容で一方を読めばすむ(両方買ったからわかったんだけどね…^^;)。

 表紙に「資格取得から開業までの完全マニュアル」「これから開業する人もすでに開業している人も必読の1冊!」とうたっているが、二兎を追ったあまり中途半端になった感は否めない。

 ただし、第Ⅲ部成功のためのプラスアルファにある「行政書士(社労士)の事件簿」は、実務経験のない者にとっては生々しく、参考になる。

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

2006年9月 3日 (日)

魔法のセールストーク???

 独立・開業本書評の第3弾。

 今日紹介する本は、「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」「図解60分で理解する!『マーケティング』で儲ける『営業』の本」の2冊。

 どちらも評価は「A」である。 

 著者は佐藤昌弘さん(マーケティング・トルネード代表)。都市ガス会社勤務を経て、住宅リフォーム会社を設立、創業3年目に営業4人だけで年商3億円を売り上げた方である。

 まず「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」、次に「図解60分で理解する!『マーケティング』で儲ける『営業』の本」を読んだ方がいいと思う。私は買った順番に読んだので逆だったのだが…

 「凡人が最強営業マンに変わる」と「魔法のセールストーク」。思わず手に取ってしまうタイトルである。しかし内容は、平易。通勤電車の中でさっと読めてしまう。

 著者は「お客が欲しいというものを、売ってはいけない。理由はお客さんは自分自身が欲しいものを知らないから」 「お客さんは、物を買いにきているのではない。『自分の欲求を満たしてくれる手段』を手にいれようとしているにすぎない」と説く。

 「魔法のセールストーク」とは以下の4ステップだという。

 ステップ1:ファースト・マジック・クエスチョン(見込み客かどうか見極める)

 ステップ2:マインド・キー・クエスチョン(見込み客のすべての要望をリストアップする)

 ステップ3:要望の確認プロセス(お客の要望を整理し、お客に確認させる)

 ステップ4:提案&最強のクロージング(お客の要望にピッタリの商品・サービスを提供する)

 これだけである。あまりにもシンプルで拍子抜けしたのではないだろうか。

 この本をマーケティングの入門書とみるか否かは読者次第である。「シンプル イズ ベスト」と思っている凡人である私にとっては、奥の深いマーケティング本である。ただし、これが「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」だと証明するのには、まだ独立・開業していない私には少し時間が必要である。

 50のポイントをあげて、中小企業向けマーケティングの事例・実例を説明している「図解60分で理解する!『マーケティング』で儲ける『営業』の本」を読むと、著者がいかにマーケティングに対する造詣が深いかがわかる。とても、60分では理解できないほど密度が濃い。

 私が気に入ったポイントは以下のとおり。

 ・「どう伝えるか」ではなく「なにを伝えるか」…写真やイラストを多用しても広告効果は上がらない!

 ・「セールスレターの本文は最初の1行で決まる

 ・「お客様の声」は裁判所の弁護側証人と同じである

 ・ビジネスで成功するには自分だけの山を探して頂上をめざせ

 次回からは、いよいよ行政書士・社会保険労務士としての独立・開業本を紹介していくことにする。

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

自分がどれだけバカかわかった本

 「図解 頭がいい人、悪い人の話し方」の評価は「A」。これはお勧めです。

 PART1の「あなたの周りのバカな話し方・書き方」は、私が人生50年いかにバカな生き方をしてきたか認識させられた内容。とくに「俺ってすごいんだよね…もてない男は、自分のことしか話さない」と「自慢話や苦労話など聞きたくない…一緒に飲みに行きたくない人の話し方」は、これまでどれだけ、部下や同僚の気分を害してきたか反省することしきり。今まで、ほんとうにごめんなさい。

 PART2の「バカと呼ばれない知的な話し方」とPART4「バカと呼ばれない知的な書き方」は、論理的に話せない方や書けない方のバイブルになる。

 「『論述の型』で意見を構成する…『自分の意見』をきっちり言うコツ」、「論理的な文章は簡単に書ける…四部構成の『型』を使う」は、話すことが苦手なあなたも、書くことがにがてなあなたも、大変身すること請け合い。

 本の構成も、いわゆる「図解本」の中でも出色。図の部分がとてもわかりやすく、練習問題もよくできている。

 著者の樋口裕一さんは、これまで小学生から社会人までを対象に小論文の指導をしてきた方で、有名受験予備校で客員講師を務めている。

 この図解本は、彼の「頭がいい人、悪い人の話し方」や「ホンモノの文章力」、「人の心を動かす文章術」など6冊の著作を参考にまとめてあり、文章読本として常にそばにおいて置きたいもの。

 有名起業人の中にも、なんだこの文章はと思うような文章を書いている人が何人もおり、今後起業する人には、この図解本をマスターし、論理的な文章がかけるようになってほしいものである。あっ、自分もか…^^;

 

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

2006年9月 2日 (土)

ほんとに「人より10倍早く成功する」の?

 やっと、「独立・開業本の書評を書く」と書いた約束を守ることができる。

 今後、「A・B・C」の3段階評価とコメントをつけていくことにする。

 まず、第1弾は「図解 人より10倍早く成功するためのスピード・ノート」である。

 コンビにで買ったこの本に対する評価は「C」である。

 「はじめに」にこうある。「この本で紹介している成功のためのテクニックはわかりやすく即効性がある。いわば劇薬だ」「必要なことは『自分にあった成功法則、成功パターンを知ること』なのである」

 私は、「即効性がある」ことイコール「劇薬」だとは思わないし、「自分にあった成功法則、成功パターンを知ること」が大事だとは思っていない。必要なのは自分にあうと思う法則・パターンを実際に実行してみることだと思う。その結果うまくいかなかったら、なぜうまくいかなかったか考え改善してみる。それを繰り返すことで、自分にあった成功法則なりパターンが見つかると思うからである。

 「あとがき」の小見出しにあるように「知っているか知らないかの差で、人生の勝ち組、負け組みが決まる!」とは、とうてい思えない。

 ただし、この本にはさまざまな成功法則や成功ルールが載っているのも確かであり、若くして起業する方やニート、主婦の方にはお勧めかも。パラパラページをめくりながら、面白そうなところだけ拾い読みするという手も。

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

ココログフリーでアフィリエイトできるんだ!

 8月8日に「アフィリエイトって?」記事を書いてから、またしてもこんなにたってしまった。

 やっと見つけた「ココログでつくるかんたんブログ&ホームページ」っていう本を買って、「ココログでアフィリエイトに挑戦」ってところを読んだら、補足に小さく「『アフィリエイト設定』の『Amazon』は、ココログプラス/プロの場合のみ表示されます」って書いてあるじゃない。

 爺は当然「え~っ、じゃココログフリー(無料)じゃできないじゃない」って思っていたのである。

 で、パートナーに聞いたら、あっさり「ココログフリーでもできるよ」って答え。

 「なんだ、できるんだ」と思った爺であった。

 「でも、どうやるの…」

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票