ビジネス文書で1位!

お薦め書籍

無料ブログはココログ

トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月28日 (金)

生誕50周年!?

 きょう、私は50歳になる。

 今夜は、役所のいろんな課にいる優秀な後輩たちがお祝いをしてくれる。1次会が焼鳥屋で2次会はカラオケ(それもパーティールーム)だという。

 昨夜9時ごろ仕事を終えて家に帰り、独立・開業関係のメルマガ(お勧めメルマガは後日紹介しよう)を読んでいると、宅配業者がベルを鳴らした。

 箱を開けてみると、中身はバースディプレゼントのネクタイ、それもGUCCIだった。

 かなり嬉しい。

 メッセージカードにはこう書かれていた「還暦…じゃないけど、派手目にいこー」

 ネクタイはGUCCIの「G」で埋め尽くされていた。

 まてよ、役所じゃ「爺さん」と呼ばれている私だ。もしかして「G」=「爺」ってことか?

 でも嬉しい。素直に喜んでしまう爺(私)であった。

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

2006年4月23日 (日)

猛勉強の日々

こんなに勉強するのは、20年ぶり?

 役所に入って3年目、先輩に「お前、何か資格もってる?」って聞かれた私は「自動車免許と中学・高校の社会科免許(教員免許のことです)ならもってますよ」と答えた。

 先輩「自動車免許なんて誰でももってるだろ。そういう資格じゃなくてたとえば行政書士とかだよ」

 私「行政書士って何ですか?その資格もってると、もし課長ぶん殴ってやめることになっても食ってけるとか?」

 先輩「食えやしないよ。役所に20年(15年と言われたような気がするが…)いりゃもらえる資格だし…。でも今のうちにとっちまえ。係長試験はまだずいぶん先だし、ここらで勉強するくせつけとけ」

 って言われてとったのが行政書士でした。

 4年目、先輩いわく「お前いつまでも賃貸アパートなんかに住んでないで、マンションでも買ったらどうだ?おれが住んでる公団マンション、ぜんぜん売れなくて、がらがらだし安いぞ~」

 さすがに、貯金がなくて頭金すら用意できない私は、冷やかしで入った不動産さんに勧められるまま、休みになると不動産屋さんの車で中古物件を見に行く日々。

 そのとき、悪徳不動産屋(毎週物件を案内してくれた不動産屋さんのお兄さんは、とってもいい人だったんだけどね)にだまされないようにと、週刊住宅情報を徹底的に読み込んでいた。で、ここまで勉強したんだからととったのが宅建主任

 5年目、調子にのった私は、仕事が人事なんだから、この際社労士も受けるかって思った。でも、これは手ごわかった。

 安月給の私は、それまでも通信教育もやらずに独学で資格をとってきた。社労士もそれで受かると思ったのが甘かった。結局一浪?することに。

 そのときは、本当に勉強した。大学受験並み?に勉強した。行政書士宅建主任は素直な問題ばかりだった。社労士は引っかけ問題が多かった。問題作ってる人のことを、当時は「なんて性格の悪いやつなんだ」と怨んだほどだ。

 民間会社の総務課や人事課で健康保険や厚生年金、雇用保険などの実務をやっていたならともかく、まして役所でも国民健康保険や国民年金担当でない私が、自信があった科目は労働基準法だけだったのだからなおさらだった。

独立・開業に向け買った本

 普通、地方公務員は60歳定年まで働き続ける(国家公務員は定年前に肩たたきにあって退職する。で、天下る。もちろん全員ではないけどね)。その後も年金支給年齢まで再雇用される。

 リストラされることがない公務員は、だから雇用保険に入っていない(知ってました?)。

 その公務員というぬるま湯のなかにいて、65歳にならなければ年金が支給されない私が、50歳で退職することにしたのである。

 清水の舞台から飛び降りる覚悟というか、背水の陣を敷いた私は、大量に買い込んだ本やメルマガを読み漁り、ネットサーフィンの日々を送っている。私のことを知っている人が見たら、驚くに違いない。あのIT音痴の爺さん、どうしちゃったんだと…

 その私が、本屋さんで選んで買ってきた本18冊を紹介しよう。これで、うまく独立・開業できたら安いものである。ま、絶対にそんなわけはなく、たぶん今後も本を買い続け、さらにセミナーに参加したり、ビデオ(なぜCDやDVDはないんだろう?)を購入したり、通信講座を受講したりすることになると思う。

1.図解本

・山田真哉の結構つかえる!つまみ食い「新会社法」:青春出版社(924円)

・頭がいい人のパソコン仕事術:PHP研究所(840円)

・まるわかりネットビジネス「儲け」のカラクリ:新星出版社(1260円)

・60分で理解する「マーケティング」で儲ける「営業」の本:KKベストセラーズ(1000円)

2.行政書士本

・「行政書士」になって独立・開業わずか1年で3000万円を稼ぐ!:すばる社(1470円)

・行政書士になって年収1000万円稼ぐ法:同文館出版(1470円)

・「士業」のための開業3ヶ月で月収100万円にする法:同文館出版(1575円)

・行政書士開業塾:DAI-X出版(2100円)

・こんなにおもしろい行政書士の仕事:中央経済社(1890円)

・行政書士業務必携:大成出版社(3990円)

3.社労士本 

・ユーキャンの社労士速習レッスン:主婦の友社(3990円)

・「社労士」になって独立・開業わずか2年で年収1千万円を稼ぐ!:すばる社(1470円)

・社労士で笑いがとまらない開業ノウハウ:ぱる出版(1575円)

・困ったときにすぐわかる社労士業務必携マニュアル:日本法令(1575円)

・最新社会保険労務士業務書式文例集CD‐ROM付:日本法令(9800円)

・小さな会社の給与計算と社会保険の事務がわかる本:成美堂出版(1365円)

4.会社設立本

・個人事業・自由業者のための会社をつくるメリット・デメリット本当のところズバリ:すばる社(1470円)

・株式会社よりカンタンひとりでできる日本版LLCはこうつくる:日本実業出版社(1365円)

 でもこのうち、読みきったのは6冊。読みかけが2冊。ま、文例集は読み物ではないけどね…

 著者名をあげていないのは、特別意味があるわけではない。今後、書評やお勧め度を書く中で明らかにていこうかと思っている(調べりゃすぐわかることだけど…)。 

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

2006年4月19日 (水)

役所を辞めて、独立・開業へ

生まれて初めてのブログ

 とうとう夜が明けてしまった。

 私は昨夜から一睡もしていない。生まれて初めてブログを作っていたからだ。

 ノートパソコンで作成していたのだが、親指が何かに触れて何度も文章を消してしまうという失敗を繰り返し、いまだにアップできないでいる。

 Excelで右上に二つある×ボタンの上の方を誤って押して、パーにしたことを思い出していた。

 

役所を辞めて、士業で独立・開業へ

 私は定年まで何年も残し、退職することを決意した。

 市民を守り市民が喜ぶ仕事を、今の役所で一人でやるのは無理だからだ。

 私は役所を辞めたら、社会保険労務士・行政書士事務所を開きたいと考えている。

 役所の先輩などからは「士資格は足の裏についた飯粒。取っても食えない」「役所をやめてからでも事務所を開くのは遅くないだろう」と言われたりもしたが、残りの人生を自分が納得できる仕事にかけようと考えたのである。

 私はドン・キホーテと呼ばれようが、冒険と失敗の旅に出かけるつもりだ。

 ときどき紀行文を掲載するのでお楽しみに…

 

人気ブログランキング「法律・法学」のジャンルに参加しています。
↓応援クリックをしていただくと、ポイントが加算され順位がちょっと上がります(順位はリンク先で確認できます)。Banner_031_2

トップページ | 2006年5月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

ブログランキング投票